投資顧問を選ぶコツ

これから投資を始められる方は是非お読みください。これから投資顧問について説明していきますが難しいと思わないでくださいね。いい投資顧問を見つけることによって効率よく確実に投資を行うことができます。

BACは投資顧問の助言と東海理化は車の自動運転技術

外国の企業の中にも日本の株式市場に上場しているところがあります。例えばアメリカを代表する銀行のBAC(バンクオブアメリカ)は東証一部上場企業です。このBACはアメリカの日本人にも大変なじみが深く、日本からのビジネス関係者や留学生もよく利用しています。日本人もパスポートなどを提示することでアメリカで口座を作ることも可能です。なので日本でBACの株を買いたいという人も多いですが、外国会社の株を購入できる日本の証券会社は限られています。しかも、購入する際には事前にドルで資金を用意していなくてはならなかったり、手続きが複雑です。そもそも、業績の発表や連結決算の株主の持ち分などもドル表示ですから、日本人には難解です。そこで、こういう時に頼りになるのが投資顧問です。投資顧問会社は助言会社と運用会社に分かれますが、このように難しい申込みにあたっては、投資顧問のような専門家のアドバイスを受けると非常に有益と思われます。なお、BACと業務協力を行なっている日本の地方銀行がありますが、ここは上場企業ですから、BACの分、この銀行の株を買うといった考えもできます。今注目されている言葉の中に「車の自動運転」がありますが、すでに実証の段階に入っていますので、これに関連する企業に投資しておくのも効果的です。例えば東海理化は、世界的な日本の自動車メーカーの系列ですが、そのメーカーの車のスイッチ、キーロック、シートベルトを担当している企業ですから、自動運転の今後の普及度によって東海理化の株価も上昇する期待があります。なお、円安が続くと海外の事業が好調、子会社を置く国の通貨安になればコストが増える、など円高円安などの条件も株価に関係してきますので、東海理化に投資する際にはそういう情勢にも注目していくことです。